極限の状態でも厚い油膜で戦い抜く【フォーミュラミックス】配合、クールズの底力。

100℃~150℃の高温かつ、時には10,000回転以上を軽く超えた状況で、加減速や膨大なシフトチェンジを繰り返す。
私達はこの高負荷な悪環境のレースフィールドをオイル開発の現場にしてます。

レースのような過酷な環境下では良いベースオイルを選ぶことは当然ですがそれだけでは戦い抜くことはとても困難です。
マシン同様、オイルもセッティング(オイルチューニング)を行う必要があります。



高温時・高負荷時でも油膜を維持させるために。

耐せん断性・フリクション・気密性・冷却効果など最良のバランスを求め
テストを幾度と繰り返しフォーミュラミックスは生まれました。


フォーミュラミックスの特徴

特有の粘りを持つ、フォーミュラミックスは
・エンジン内のメタルを保護する厚い油膜。
・厚い油膜ゆえ、シリンダー・ピストンリングの気密性向上、トルクアップに寄与。
・エンジン内部に吸着し油膜を保持。ドライスタート時の金属同士の摩耗を軽減。
・高い耐熱効果、熱ダレを起こしにくい。
という特徴があります。

その特徴が、貴重な絶版車のエンジン内の保護に適しているという点に着目し、クールズの開発へとつながります。


厚い油膜であるか、そうでないかの差は大きい。

オイル選びにおいて
特に旧車・空冷車は熱への耐久性、高温時でも安定したオイルパフォーマンスが求めれられます。

レースの過酷な環境を戦い抜いたフォーミュラミックス配合のクールズは
ストリートにおいてもハードなシチュエーションからエンジンを守り抜く力を秘めています。

愛車を走らせるたび摩耗するエンジン内のメタル類がマシンの寿命に影響するというのであれば
厚い油膜であるか、そうでないかの差は大きい。


内側から愛車を守るご褒美を、是非。


お買い求めはこちら

トップページへ戻る

^