ユーザーズボイス Vol.1 山口県:スズキGS750G オーナーNさま 

旧車、空冷車のためのエンジンオイル、クールズ。の
スタッフがユーザーさんにオイルの使用感をお聞きするユーザーズボイス。

今回、ある二輪のイベントでお声掛けさせて頂いたクールズユーザー山口県在住のNさんに
お話を聞いてきました。


まずは、NさんとNさんの愛車、昭和58年式GS750Gとの出会い。についてご紹介させて下さい。

バイク歴は10代の頃から。
高校生の時に手にしたHONDA NSR50でバイクの楽しみにハマっていくNさんですが
卒業後に普通自動二輪免許を取得してからは、バイクライフは徐々に疎遠に・・・

それから約25年。
仲間に誘われて、限定解除試験を受け大型免許を取得。

4輪整備のお仕事だったNさんの周りには比較的多くのバイクの情報があり
新車で最新のマシンを買うか、空冷の4発を買うか悩んでいたそうです。

そんな折、同級生が務める4輪整備会社の工場長が10年以上倉庫で眠らせていた
昭和58年式 スズキGS750Gに出会います。


はじめは「譲る気は無いから」と断られますがしばらくして、たまたま、
その工場長が見かけた腕のいい整備がNさんの【仕事】だと知り後日
「Nさんになら、お譲りしようと思います」というドラマを経て、Nさんは愛車を手にしました。

クールズスタッフ:
相当にメンテナンスが行き届いたマシンですね。
二輪のお仕事もされていたんですか?


Nさん:
いえいえ、趣味ですよ。趣味ですが―
エンジン以外は全てバラしてます。

フレームはブラストをかけ、素地からチェックし、溶接が弱そうなところは再度溶接を。
そこからフレームを塗装し、二液ウレタンクリアーで仕上げてます。

キャブももちろんバラしましたが、今は季節の変化に強いGSX-R1100純正キャブレターを流用してます。
配線は詳しい仲間のアドバイスで、すべて剥き 再度新しいテープで巻き直しました。

リアショックは体型や乗り方に合わせたオーダーメイド。
経年の影響でヘタっていたフロントフォーク、そしてその影響でおかしくなったメーターも
すべて手を入れてます。

特にフロント周りは、純正よりも初動が柔らかく、沈み込みでコシのある仕様にしたかったので、
アメリカ製のスプリングを試したり長さを調節したりをあれこれ試し・・・


分解、整備、物によってはもう手に入らない事もあるので、
そんなときはできる限り自然な状態に近づけて、でも、走りは妥協せず、1年と4ヶ月かけて仕上げました。

クールズスタッフ:
そこまでお詳しいとなると、オイル交換はご自身でされてるんですか?

Nさん:
いえ、そこはプロに。笑

いつも行く近くのバイク用品店の店長さんに任せてます。

オイルは いろいろ試しましたが、私のGSの場合は高価なオイルでも、
滲みが気になったり、走ってても、たしかにエンジンはよく回るんですが、軽いというか・・・

あと、エンジン音も気になってたんです。


ある時、そもそものタペットの音も気になってたので静かになるようにタペットのシムを
調整してた時に「エンジン音が静かになるよ」と、いつものバイク用品店の店長さんに
勧められたのがクールズでした。

クールズスタッフ:
クールズの印象はいかがでした?

Nさん:
クールズを使用する前の話なんですが個体差もあるかもしれないんですが、
油温が上がってくると私のGSはアイドリングが乱れがちになるんです。

あと、クラッチのキレがわるくなる。

クラッチをにぎってても進んでしまう症状がでてました。
晴れればほぼ毎週、だいたい平均1日200kmを走るツーリングにいってます。

クラッチのトラブルで断念した事もありましたがオイルクーラーなど対策を打ちつつも、
クールズを使用するようになってからその症状は解消されました。


また、店長が言ってたようにエンジン音が静か。
エンジン内を保護してくれてるということが、音で感じます。


はじめ見たときは、色といい、糸を引く感じといい「はちみつ」みたいで、珍しく感じてましたが
あの糸を引く感じが、気密性を高めてると思います。

クールズスタッフ:
一回のツーリングの平均距離が200kmとのことですが
中~長距離ツーリングで、クールズの効果を感じることはございますか?

Nさん:
ツーリングで距離を走ると、すごくオイルの重要性を感じます。

クールズを入れる前は、ツーリングで走って帰ってきて下道の渋滞にハマると
明らかな熱ダレとシフトフィールの悪さを感じてました。


ずっと走って、高温になった状態での渋滞ですから、それはかなりの負荷だと思いますが
クールズはそんな場面でも熱ダレを感じないですね。

クールズスタッフ:
NさんのGSとクールズの相性はすごく良さそうですね。
大変嬉しく思います。
走りも好調でとてもきれいな車体、これからもGSとのお付き合いが
長く続きそうですね。



Nさん
はい。
近くまたオーバーホールして、大事に乗っていこうと思ってます。

GSがきっかけで、知り合った仲間が意外と多くて、このバイクに乗ってると
ヒトの輪が広がる感じがするんです。
このバイクでしか訪れなかった縁というものを感じてます。



クールズスタッフ:
私もGSがきっかけで、お声掛けさせて頂きましたから不思議です笑
これからも何卒、よろしくお願い申し上げます。



今日は貴重なお時間、誠にありがとうございました。






【インタビュー/撮影/テキスト クールズ営業スタッフ】

^